読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

時刻、私、普通。体温、私、普通。

午前9:30

体温、36度1分

外の気温、7度

体調、ぼちぼち

 

頭を振ったら、ドカンと1発痛みが走ったので

「熱だ」と思い込んだ。

当たり前のようにして、体温計に手を伸ばし脇に挟んだ。

 

体温を測る間、いつも何をしたらいいのか解らなくなる。

なんとなく「風邪だしなぁ」と呟いてみたけど

私は私が怖い。

 

まだ確定もしていないのに、熱があると思い込んでいるうえに、風邪だと断定している。

図々しくも、他の可能性を考えようとしない、理解不能な今の私が私は怖い。

 

ピピピピピピ

 

「36度1分」

ふーん。体温計を机に投げつけて、お布団に潜り込んだ。

「風邪だし…な」

うまく言えなかった。語尾がゴニョゴニョってなった。

 

午前9:45

カレンダーを見て、1月の残りの日数を指で押してみた。

30、31...

 

スイッチは見当たらなかった。

赤く記載されている、今日の日付を見て

心は青くなった。

 

「日曜日か」

本日、第1回目のため息をついた。

 

午前10:00

【理想の家づくり】と、特集が組まれている雑誌を読む。

美しすぎて、羨ましすぎて、虚しくなる。

 

どこか遠くへ行きたくなる。

 

 

「風邪かな」

さっき計ったばかりのはずだけど、狂ったのかと思う。

もう一度、体温計を脇に挟んで

「風邪だしなあ」と、また口に出してみた。

 

体温を測ってる間は、なにをすればいいんだろ。

「風邪だったらどうするか」を考えてみよう。

 

〇お布団に籠る。(風邪じゃないけど)

〇Aquarius飲む。(風邪じゃないけど)

〇病院行く。インフルエンザ検査される。薬もらう。(違うんだけど)

〇とりあえず寝て、熱が引くのを待つ。(熱なんてないんだけど)

 

()の中がすごく邪魔してきて、真剣に考えることができない。

 

 

ピピピピピピ

 

35度9分

 

なんだ、下がってるじゃないかよ。

熱だと思って測ってるのに、さっきより下がってる。絶望的。

もう3年くらい、体温計なんて使ってやらない。絶交だ。

 

 

本日2度目のため息は、夕方くらいまで残しておこう。

 

 

そんな感じで風邪じゃないので、

今日は写真を撮りにいきたい。

久しぶりに写真に納めたい。

思い出を納めるのじゃなくて、私は今を納めたい。

それがいつか思い出になる。なんて知らない。

今のこのモヤモヤとした気持ちを納めて残しておきたい。

 

 

頭を降ってみたら、やっぱり痛かったけど

なんか今日は…

 

 

ピピピピピピ

 

アラームが鳴った。

そろそろお布団から出る時間だ。

 

なんだか、音に知らせてもらってばっかだな。

音に操られてる人間ゴッコでもして過ごそうかな。

 

 

午前10:30

天気、晴れ

お腹、空いた

私、なんだか幸せ。