読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

神様のお気に入り。

「君だって、神様のお気に入り」

今日、感動を覚えた言葉。

「志のある3流は4流」

昨日、衝撃受けた言葉。

 

日々、言葉を目から、そして耳から脳みそに入れ込んで

その後、心へ流し込む。

私の心の、「人生に必要そうボックス」の中身が増えていくことが最近は、嬉しくて仕方がない。

 

ある日の友達との会話

「浮気してしまうのかなぁ」

「うん、無い。とは言えないよね、結婚してもお互いが」

「不倫するってどんな気分だった?罪悪感とかあった?」

「それは最初だけだね」

「結婚してて、ちがう人と何かを始めるキッカケってなんなんだろ。理性とかをどうやって越えるの?」

「うーん、何かお互いの相手に不満を抱いていて、責めていて、それを補ってるだけなんだ。って自分を肯定してるのかもしれない」

「あぁ。罪悪感はその後?」

「罪悪感というよりも、なんていうか、諦めのような」

「あ、なんか昔こんな言葉があったよ

“傍にいて欲しい人ではなく、いなくなって悲しい人を選びなさい”」

「あ、そう、自分はこの人の子供にとっては憎い存在で、子供にとってのこの人は、いなくなって悲しい人なんだ。って思って辛くなることはあったなぁ」

 

この1年、その友達は、自分の悪いところを成敗しようと必死に生きた。

自分がこれまで犯してきた罪を償おうと必死に生きた。

私は、その友達の越えようとした事も、下唇噛み締めながら自分を憎んでいた事も

全部、この目で見てきたつもりだった。

 

そして友達が最後に言った

 

「私、もう罪は償えたかな?」

「今が幸せだから怖いの?」

「うん、全部とは言わないけど、少しは償えたのかな?って」

「あなたは、頑張ってここまできたよ。

私は全部見てきたつもりだよ。頑張ってた。

だから今こうやって色んな事を考えられてる。昔の君は人の事なんて考えられなかったし、全部自分が正しい。でやってきた。

だけど、今は違う。自分のやってきたことを“過ち”だと捉えて、今だって償おうとしてる。何かを感じようとしてる。

越えようと、変えようとしてる。それだけで全然1年前とは変わってる。

まだ償えた。とは、私には言えないけど、今、胸を張れる幸せを見つけられたって事は、ちゃんと進んでこれた。って事だと思うよ。

これからも成敗していかないといけない事があったとしても、今の君なら必ず償える。って思うよ。」

 

私は、その友達が力強く生きる姿に何度も救われてきたし

その友達と何十年も一緒にいるけれど

自分の弱い所とか、寂しい時とか、辛い時とか1度も話した事はないけれど

私は、私の全部を知ってもらってる。って思えるし

私は、この人の全部を知ってる。って思う。

 

たぶん、彼女が、誰かを殺して殺人犯になっても、

強盗犯になっても、私は彼女を信じると思う。信じ続けてるんだと思う。

 

私にとっての彼女は

「傍にいて欲しい人ではなく、いなくなって悲しい人」

なのだと思う。

 

この先、私が誰かと永遠の愛を誓うとするならば

その人が、いつか何もかも無くなってしまったとしても、愛していけるかどうかで選ぶのだと思う。

何もかも抜いても、その人を愛してるか。一生一緒にいたいか。を考えると思う。

 

私にとって

いなくなって悲しい人かどうか。を考えると思う。

つまり、中身を愛してたい。

 

 

日々こうやって沢山の事を学ぶ。

周りにいる人や、こんな私にでも関わってくれている勇者たちから学ぶことが、数多くある。

 

ひとつひとつの大切な言葉、愛、温もりを

私の心の「人生に必要そうボックス」に全部しまい込んでく。

そして、改めて

みんながいてよかった。って思う。

 

そして、まだ生きよう。って思える。

みんなのそばで生きていきたい。って思う。

 

だって私も君たちも

「神様のお気に入り」だから幸せになれるんだって思うから。

幸せになっていいんだ。って思うから。