読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

どれもパッとこないだろうが。

書けなくなってから、いや、正確には書かなくなってから

何度も書いては下書きに入れて。を繰り返していた。

 

長い時間を置きすぎると

その文章には“言い訳”か、“謝罪”しか並べられていなくて、なんだかどれもパッとしなかった。

軽く10記事くらいは、下書きに入っているのだけど、投稿するまでには至らなかった。

 

そう、「あぁ、つまらない。」という謎の理由のせいにして投稿ボタンを押さなかった。いや、正確には押せなかった。

 

「ブランクOK」という求人があれば、迷わず応募してしまいそうなくらいだった。

むしろ「ブランクOK」のタグで検索して、自分に合わないだろう職種であっても応募してしまいそうだった。

よくわからないけれど、それくらいだった。

 

なので毎日投稿をサボっていた事も、その間ブログに書こうと溜めてあったネタのメモも、どれも全部無視して、

今日から何食わぬ顔で投稿していった方が潔いのではないか。という結論に至った時、私の中の何かがスーッと軽くなった。

同時に、何に囚われていたんだろうか。とイライラした。

イライラしすぎて今までの投稿すべて消そうかと思ったが、このような破壊衝動の抑え方はちゃんと知っている。

私も伊達に多くのモノを壊してきてはいない。ちゃんと経験から学んできたつもりだ。

 

深呼吸をし「ほら消せよっ」と、割と大きめの声で叫んだので、留まる事ができた。つまり、そういうことだ。

 

 

書けなくなっていた理由など、皆にはどうでもいいだろうし

私が勝手に自分の為に定めたルールを破ったところで誰の迷惑にもなっていないし、誰かに謝罪する理由など無い訳で

結局は自分の為にやっている事が、自分のせいで滞っただけの話だった。

 

これらすべてを含めても「あぁつまらない」で片付いてしまった。

また、片付けられてしまった。

 

プライベートに理由など不必要だ。

やりたいからやる、やらないからやらない

それで、まかり通る世界で何を喚いているのだ。おっかない。みすぼらしい。可哀想だ。

 

つまり皆には、私が今何が言いたいのか。は伝わったと思う。

そうだ、

「春が来ますね」だ。