読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

私はエンプティー。どうしようもない程のエンプティー。

f:id:sarkorinko:20170313165544j:image

 

見えないもので溢れているこの街を、美しいはずのこの街を、ただただ私は歩くのだけど、

辺りに落ちてある沢山の“美”を感受する能力は私には無くて、沢山見落とし、沢山を無駄にしていた。

今日はなんだかそれを勿体無いな。と、この住み慣れた街で、1人佇んでいたのだった。

 

ただ歩いてるだけ、何も掴めてないんだ。と、

空っぽのポケットに手を入れてエンプティーを睨んだ。

ユラユラと潤む瞳は、誰にも気付かれずに一滴だけ何かを零し、すぐに渇いてしまった。

悔しい事に跡にもならなかった。

 

 私は私がいつの時も憎かった。

なんだかそれが今日はとてつもなく悔しかったんだ。

 

この世に生を受けた者として、とても恥ずかしくて、申し訳なくて、なんだかそんな自分をどうしても認めたくなかった。

だから私は徐ろに、街にカメラを向けて、時を止めてみたけれど、愚にもつかない事だ。と、その場に崩れ落ちそうになった。壊れそうだった。

 

 

 私はいつも、もがくだけで、取りに行こうとしないし、

悲しむだけで、苦しむだけで、駄々をこねるだけで、越えようとしない。闘う事もしなければ、得ようともしない。

もちろん身を削ったり、弱さを殺したりもしないし、我慢もしない。何もかも見ようとしなかった。

どうせ、私は空虚だ。空洞で、零していくだけだ。と言い訳をして。

 できるならば「見えないんだもの」で済ましたい。

だって怖いから、見てしまえば殺さないといけなくなるから、そんなのめんどくさいから、向き合わないといけなくなるから、目を塞いだ方がマシだ。と正当化をして。

 

 

でも今日はなんだかそれが勿体無いなぁ。と、空っぽのくせに一丁前に思ったんだ。

私は私に期待をしないし、励ましてあげることも

教えてあげることもしないくせに、

一丁前に勿体無い人生の過ごし方をしたなぁ。って漠然とだけど、思ったのだった。

 

 

私が転げ落ちる様を誰かは眺めていたけれど

手を差し伸べる事などしなかった。

「大丈夫だよ」と根拠もない期待をチラつかせ、“幸せ”を隠してくれた。

私は頭が悪いから、「見えないなぁ」と騙された振りをする事しかできなかった。

 

その理由は、ただ一つ

自分が嫌いだから。だった。

見ようとしないのは、越えようとしないのは

自分が気持ち悪かったから。だった。

 

答えはとても単純で、容易すぎた。

 

期待をせず信じてあげればいい。

見えなくても、見えると思い込めばいい。

辺りに落ちた“美”を自分が創ればいい。

それだけだった。

 

 

 

徐ろに私が止めた、住み慣れたその街は

いつもより少しだけ前向きで力強く見えた。

f:id:sarkorinko:20170313175432j:image

 ちっぽけな私の背中を押して、微笑んでくれた。

エンプティーな私に、愛を映してくれた。

 

 

今日、私は見えなかったはずの街から

“愛”を感受できたのだと喜んだ。

決してこれは能力ではないだろうけれど、悔しさの雫が奇跡を起こしたのだと信じ込む事にした。

 

私は少しだけ好きになった。

いつもの街と、いつも通りの私と、確かに動くこの心臓を。

エンプティーだろうが構わないと、初めて思えたのだった。