読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

また来る季節に、誓いのキスを。

f:id:sarkorinko:20170424021530j:image

 私はいつの時だって

「もっと触れたらよかった」と、後悔とキスをしていた。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 人々は桜のピンク色がすごく美しかった事など、すっかりと忘れてしまっていた。

地面に枯れ落ちた桜の花びらをゴールデンウイークの予定をたてながら踏みつけて、とても楽しそうに笑ってた。

 

踏まれ、汚れてしまった桜の花びらに人々は決して目を向ける事など無かった。

戻らない季節を振り返る事など無かった。

人々は前だけを見て歩いていた。流石だった、とても立派だった。

 

 あれほど「綺麗だねー」と言いながら眺めていた色を、「汚いねー」と、誰かと話したりなどはしない。

 

春はまたやって来ると信じ込んでいて、桜はまた咲くと思い込んでいる。

人々は季節がまた巡ってくる事を、信じすぎている。

 

「お花を眺めながら食事する会」を、あれ程していた癖に、花が散ってしまった瞬間にその花の色を忘れてしまう。

もうあの花になど、興味も無くなってしまう。

人々は、どうしてこんなにも無情なんだ。と、私は思った。

 

そもそも最初から興味なんて無かったのじゃないか、そもそも美しいものだけにしか興味が無いのじゃないか、

そもそも花がいつか枯れてしまうことを知らないのじゃないのか、生きたモノだけが美しい。と、桜は咲いているから桜なんだ。と、

桜の花が咲いていない桜の木を、人々は知らないのだろう。と、私は思った。

 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 と、そんな事を考えながら私は街を歩いていた。

 

そして、人々に踏みつけられた桜の花びらをこの世界で私だけはしっかりと見つめてあげた。

「私だけは君たちが美しく咲いていた事を思い出して泣いてあげるからね」と必死に、彼らに何かを伝えようとしていた。何かを与えてもらおうとしていた。

 

「私は君たちが美しいピンク色だった時の事を覚えているし、忘れない。今だって君たちはとても綺麗だし、たとえそれが踏み潰されてしまってグチャグチャな君たちであっても、私は好きだよ」と、すかさずカメラを向けてみたけれど、

なんだか彼らのこんな姿をカメラロールに収めておくのは少し違う気がした。よくわからないけれど、彼らに失礼な気がした。そしてソッとカメラをしまった。

 

その時、私は

絶対にこの記事を書こうと決めたのだった。

  ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 “失ってから気付くモノ”という言葉を何度も聞いた事があるが、人々はそれを知りながらも、色んなモノを手放してしていく。

それは、“次、また何かを得られる”と信じているからで、また舞い込んでくる何かを信じているからだと思う。

失って気付くモノばかりを、ただ後悔と共に抱いていても、決して前に進め無いことを人々は知っているからだ。

 

そう

人々は皆、強い。

 

散った桜の花びらに目を向けない人々はとても、強い。

当たり前を真っ直ぐに信じれる人々は、とても強い。

 

それに比べて私は、とても弱かった。

 「もっと触れていればよかった」と、「もっと綺麗な姿を見てあげたかった」と、

「美しすぎた、あのピンク色」を思い出し、また後悔とキスをしていた。

もう1度、あの春をしたい。と願っていた。

また私は、季節が巡る事を信じず、恐れていた。

 

春が来れば、夏が来る。

なんて、そんな事など無い。

何故なら、明日世界が滅びるかもしれないし、明日突然変異が起きて四季など無くなってしまうのかもしれない。

もしかすると、もう二度と桜を見る事なんてできないのかもしれない。

 

当たり前のように、確かなのは

もう二度と、あの春は来ないという事で、もう二度と27歳の私が桜を眺める事など無いという事だ。

もう二度と、2017年の桜がどんな色だったのかを

確かめる事などできないという事だ。

 

それがとても悲しくて寂しくて、涙を流してしまう私は、まだ前に進もうとはしていなかった。

ひたすら過去にキスをして、無意味な後悔を抱き締めてる。とても馬鹿みたいだ。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 私のカメラロールには沢山の写真が残されていて、

時々、過去に遡っては「戻りたい」と涙を流す夜がある。

 

私は誰よりも過去が好きで、明日よりも昨日が好きだ。

それは、昨日もらった愛を見ている方がよっぽど楽で、どんなモノよりも、確かなモノだから。

 

愛されていた。みんながいた。生きてた。

それらが確実にここにある。と確信できるのは、過去だけが持っている真実だからだ。決して私を裏切らない。

 

それに比べて、明日は怖いものばかりで

明日、愛されなくなるかもしれない

明日、みんなが私から消えてしまうのかもしれない

明日、ひとりぼっちになってしまうのかもしれない

明日、私は死んでしまうのかもしれない

明日なんて、もう来ないのかもしれない

 

だっていくら信じたとしても、明日は、私を裏切るかもしれない。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 桜は散らないでいい、水着を着てずっと楽しそうに、はしゃいでいればいい、葉っぱもずっとオレンジでいいし、毎日サンタさんは来たらいい。

 

ずっとそこにあってほしい。全部去らないでほしい。過ぎていかないでほしい。

何も手放したくないし、何かを別に得たくもない。

ずっと過去にいたい。ずっとこのまんまがいい。

 

しかし、それは間違っている。すべて不正解だ。

それをずっと解りながらも、私はあえて間違いを抱いているんだろう。

 

そう、誰よりも私は明日を生きないといけないし、強くならないといけない。

誰よりも信じないといけないし、振り返らずにひたすら前に進んでいかないといけない。

たぶんこの世の誰よりも私は、必死に明日に願っていなくちゃいけない。

このまんまじゃいけない。と、過去を捨てていかないといけない。

 

たぶん残されたカメラロールの写真など、すべて消去するべきで、

また次の春に咲く桜に「君は去年より綺麗だね。私だって去年より綺麗になれたでしょう。だっていっぱい変わることができたもの」と胸を張って眺めていなくちゃならない。

 

踏み潰された桜に涙を零している場合じゃない事を

誰よりも私が知っていた。

 

「もっと触れていたかった」モノに、また触れる事ができるように生きていくべきだ。

その為に、次に咲く桜には絶対に過去は映さない。と、決めよう。

 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 

踏み潰され汚れてしまった、昨日の桜の花びらが教えてくれた。そう、期待だ。

また来る季節に誓いのキスをさせてくれた。

 

それから何度も今年の春にありがとうと、お礼した。

そして来年また会おう。と、手を振って、しばしのお別れをした。

 

 

優れた旋律。

あの頃、私達の傍で流れていた、愛しかったはずの旋律は

今となっては、安易に耳に流し込む事ができた。

胸を焦がす事も、痛むことも、潤む事すら無かった。

 

もしもあの日、私の親指が希望を待っていなければ、

もしもあの時、私が人として生きることを忘れていなければ、

新たに塗り替えられる事など無かった。

その美しすぎる旋律に、泣くことなんて無かったのだろう。

 

記憶は常に更新され続けていた。

生きてないようで、生きていたし

覚えてるようで、忘れていた。

そこに留まっていたようで、確かに動いてたのだ。

 

何故、あんなに美しく見えたのだろう

何故、あんなに美しく聴こえたのだろう。

その新しい旋律が一瞬にして私の血液を巡り、毒していくのに

どうして私は疑問を覚えなかったのだろう。

抵抗しなかったのだろう。

どうして委ねてしまったのだろう、心地よさに締め付けられてしまったのだろう。

 

あの日の記憶と共に流れてくる不調和音に声を乗せた時の事

あの日を取り戻すために、悲しい旋律を並べ替えた時の事。いつも私が“嘘”を隠し持っていた事。

そのすべてを華麗なものに差し替えてくれた。深く愛することが出来た。

 

記憶はあの日から確実に更新され続けてる。

 

愛しすぎて思わず触れてしまったモノは

確実に震えてたし、その場で激しく揺れて音になってた。

その瞬間の答えを私は、まだ持っていなかった。

 

 

この耳に流し込む、艶やかな音

この音の旋律は、きっと今の私にしか覚えられなかったはずだ。

これを記憶に刻む事を許してくれたのは、過去ではなく未来への期待だから。

 

あの日出会った優美なその旋律は、誰よりも優しく私に触れてくれた。

だから、もういいんだ
ここに全部、置いていく
邪魔なものはすべて、ここに忘れていく事にする。

 

それは、今よりも私達が優れていくためにね

 

選択した国。

綺麗に言葉を並べる人だと思った。

哀しみを、原色に塗り替える人だと思った。

 

私は、いくつも諦めたのに

その人はすべてを吸収し、身に付けていける人だと思った。

 

苦しいを塗り替えてくれた

寂しいを惑わしてくれた

楽しいを見せてくれた

嬉しいを信じさせてくれた

 

『何も無い』

知っていた。覚えていた。

戸惑っていた、堪えていた。

忘れていたし、塞いでた。

 

まだまだ、こなしていかなきゃならないのに

私は、見てあげるのが怖くなった。

堕ちていく自分を、教えたくなかった。

 

『待っている』

安易だった、とてつもなく透明だった。

美化した。ピカピカに磨いた。

 

覚えていた、いつも

私が泣いたら抱きしめてくれた大きな掌を

信じたくなった

私が泣いても、抱きしめてくれない現実を

拭えなかった。

歩けなかった、笑っていたくなかった。

 

 

綺麗だった

いつも、いつの時だって。

 

忘れなかった。

忘れたくなかった。

私を満たせるのは、君だけだと勘違いしていたかった。

 

まだ覚えていたかった。

まだ失いたくなった。

まだ熱を閉じ込めておきたかった。

 

 

綺麗に言葉を並べられない人だと思った。

頼りすぎていて、許せない人だと思った。

愛がそこに無いのに、偽物で抑えつける人だと思った。

信じたくなかった。確かめたかった。

許したかった。

 

一緒に歩くために必要だと思った。

悲しくても、辛くても、私は嫌いにはなりたくなった。

嫌いに、慣れなかった。

 

 

悪。

どうしてもこのまま生きるのは、難しい。

だって、これまでおかしてきた罪を愛しすぎてしまっていて

そんな私が選ぶ道は、決まっていつも真っ暗闇なんだもの。

 

いつも苦しいのは自分の選択のせいなのに

悲しいのも、痛いのも、辛いのも

全部私の自由の中で、色付けてきたもののせいなのに

どんなに泣いたって、暴れたって、壊れたって

誰も救ってくれないのが、当たり前なのに

求めてしまうんだよ、いつも。おかしいな。

 

『愛してくれ』と、『救ってくれ』と、

いつも他力本願で、泣いてる自分が大好きで、

背負ってる罪を糧にして、いつも私はニヤリと微笑み

他人に傷口を見せつけ『私は可哀想』をアピールし続ける。

 

そして、もうここまできたら救いようがない。と、誰かに目をそらされたら、

私はフツフツと溢れ出でくるエネルギーを逃さないように、ギュッと抱きしめてるんだ。

 

私がどんなに悪い人間だとしても

みんなは騙されたまま、愛してくれるし

その蜜は、とても甘くて、美味しくて、逃せなくて

信じられない程、私の中の“悪”が育つ。

 

いつか、私が吐いたはずの言葉を足で踏みつけながら、私が手にしてるこの現実を正当化する。

 

『好きだ』

と言ってくれる人を愛で返す事が億劫だと感じてしまった日、私は人間を諦めてしまったのだ。

 

いつも私が笑っていた、その傍では、誰かが泣いていて

いつも私が泣いてた、その傍では、誰かが笑っていた。

 

それを忘れたくなかった。全部覚えておきたかった。

 

私がおかした罪のすべてを抱きしめながら

もっと痛めつけたかった。

悪が存在する今に、“幸せ”などきっと無い。

とんでもない量の“死にたい”を吐きながら、やってやるんだ。

完成させるために生きてやる。

 

私はフツフツと湧き出てくるエネルギーを抑えつける事など、できなかったみたいだ。

 

仕方ないから、まんまと流されてやる

そう、私はその日、“悪人”として生きる事を選んだんだ。

 

 

私はエンプティー。どうしようもない程のエンプティー。

f:id:sarkorinko:20170313165544j:image

 

見えないもので溢れているこの街を、美しいはずのこの街を、ただただ私は歩くのだけど、

辺りに落ちてある沢山の“美”を感受する能力は私には無くて、沢山見落とし、沢山を無駄にしていた。

今日はなんだかそれを勿体無いな。と、この住み慣れた街で、1人佇んでいたのだった。

 

ただ歩いてるだけ、何も掴めてないんだ。と、

空っぽのポケットに手を入れてエンプティーを睨んだ。

ユラユラと潤む瞳は、誰にも気付かれずに一滴だけ何かを零し、すぐに渇いてしまった。

悔しい事に跡にもならなかった。

 

 私は私がいつの時も憎かった。

なんだかそれが今日はとてつもなく悔しかったんだ。

 

この世に生を受けた者として、とても恥ずかしくて、申し訳なくて、なんだかそんな自分をどうしても認めたくなかった。

だから私は徐ろに、街にカメラを向けて、時を止めてみたけれど、愚にもつかない事だ。と、その場に崩れ落ちそうになった。壊れそうだった。

 

 

 私はいつも、もがくだけで、取りに行こうとしないし、

悲しむだけで、苦しむだけで、駄々をこねるだけで、越えようとしない。闘う事もしなければ、得ようともしない。

もちろん身を削ったり、弱さを殺したりもしないし、我慢もしない。何もかも見ようとしなかった。

どうせ、私は空虚だ。空洞で、零していくだけだ。と言い訳をして。

 できるならば「見えないんだもの」で済ましたい。

だって怖いから、見てしまえば殺さないといけなくなるから、そんなのめんどくさいから、向き合わないといけなくなるから、目を塞いだ方がマシだ。と正当化をして。

 

 

でも今日はなんだかそれが勿体無いなぁ。と、空っぽのくせに一丁前に思ったんだ。

私は私に期待をしないし、励ましてあげることも

教えてあげることもしないくせに、

一丁前に勿体無い人生の過ごし方をしたなぁ。って漠然とだけど、思ったのだった。

 

 

私が転げ落ちる様を誰かは眺めていたけれど

手を差し伸べる事などしなかった。

「大丈夫だよ」と根拠もない期待をチラつかせ、“幸せ”を隠してくれた。

私は頭が悪いから、「見えないなぁ」と騙された振りをする事しかできなかった。

 

その理由は、ただ一つ

自分が嫌いだから。だった。

見ようとしないのは、越えようとしないのは

自分が気持ち悪かったから。だった。

 

答えはとても単純で、容易すぎた。

 

期待をせず信じてあげればいい。

見えなくても、見えると思い込めばいい。

辺りに落ちた“美”を自分が創ればいい。

それだけだった。

 

 

 

徐ろに私が止めた、住み慣れたその街は

いつもより少しだけ前向きで力強く見えた。

f:id:sarkorinko:20170313175432j:image

 ちっぽけな私の背中を押して、微笑んでくれた。

エンプティーな私に、愛を映してくれた。

 

 

今日、私は見えなかったはずの街から

“愛”を感受できたのだと喜んだ。

決してこれは能力ではないだろうけれど、悔しさの雫が奇跡を起こしたのだと信じ込む事にした。

 

私は少しだけ好きになった。

いつもの街と、いつも通りの私と、確かに動くこの心臓を。

エンプティーだろうが構わないと、初めて思えたのだった。

 

 

かんたんえにっきvol.11

f:id:sarkorinko:20170313182305j:image

さんがつじゅーににち、にちよつび

ずっとポテトだけを友達だと思い込んだ。

 

ポテトサラダ、じゃがバタ、ポテトとトマトとアボカド、、

ずっと友達を口に入れ続けて胃を満たした。

 

幸せだった。君が大好きだ。と何度も何度も言った。

 

けれど最後には

君じゃないものを口に入れたくなった。とポテトに言った。

私は友達にそんな悲しい言葉を吐いてしまった。

 

「だって嫌いになりたくないから」

もうしばらく友達を辞めようと言った。

 

大好きだったから、仕方なかった。

悲しいけど、まだ嫌いじゃないから、まだポテトは嫌いじゃないから良いんだ。と自分に言い聞かせた。

 

そんなポテトの日。よくわからないけれど、ポテトを友達にして悲しくなった日だった。

私の興奮材料の話。

少し前に、色々と考えていた“性癖”についてを今日は書きたい気分だから、聞いとくれ。

 

自分の性癖はもちろん、他人の性癖に以前から非常に興味があったので、私はずっと考え込んでいた。

性癖だけを聞けば、知りたい相手のプロフィールが一瞬にして解る気がするからで、

性癖はその人の悲しい部分のようで、聞いていてなんだか落ち着くからで。

つまり、誰かの黒色はなんだか萌えるし、「同じだ」と思える瞬間だからだと思う。

 

幼少期の話を聞けば相手が解る。みたいな話を前に聞いたことがあったが、それとよく似ているような気がする。

 

性癖を聞くという事は、私の中で1番手っ取り早く相手との距離を縮められる方法で、

気になった人には、「性癖教えてください」とドストレートに聞いてしまう私。

すると、もちろん「え?なんで、どうして?」と、引かれてしまうが、メゲナイ私。マケナイ私。

 でも、ある程度の信頼を築いていれば、相手は迷わず答えてくれる。ヨクヤッタ私。

 

相手の性癖を聞いているその時間は、なんとも言えない感覚になる。

ドキドキしてきて、前のめりになってしまう程にはワクワクしてしまう。

それはとても無防備な時間、最高な時間だ。

 

と、そこで私自身の性癖を分析してみた。

 

自分を必要としてほしい。自分の居場所が欲しい。

などといった奥の方に秘められた私の欲望から、

相手に支配される事で承認欲求を満たし、泣きながら相手を求める事によって、寂しさを補っているような気がする。

幼少期の愛情不足。心理的な不安定。

つまり、幼少期の“満たされなかったもの”を補う為にそれが性癖という形として現在の私に存在するのだと思う。

 そう、過去のトラウマなどが、性癖と大きく関係してるのではないか。と私は思った。

 

だからと言ってはなんだけれど、

気になった人の性癖を聞けば、その人の満たしてあげるべき場所を知れるし、弱い箇所を知り、そこを補ってあげることができる。

…と、そんな気がする。

それが究極の至高ではないか。と、思う。そんな気がするんだ…

 

私のトラウマと相手のトラウマが合わさり、色んなモノが緩和されるのであれば、

なんてそれはロマンティックなの。と興奮が抑えられなくなってきませんでしょうか。

と、これもまた私の性癖なのだろうな、如何なものか…

もう嫌だ、考えるのをやめよう。

 

まあ、相手のことを知りたければ性癖を聞け。という、何の根拠も無い勝手すぎる自論の話をした訳ですけれど

結局、“性癖”とは、とても美しい。という事です。

 

自分は異常な性癖を持っている。と自負して生きていますので、

私は今、顔の見えない誰かにペラペラと自分のアブノーマルな性癖を話したりはしませんが

(話すと興奮も半減してしまうので)

好きな人とする性癖の話は、非常に濃厚な時間を過ごすことができるので皆さんにオススメしたいのです。ええ、それだけなんです。

 

自分自身の性癖と、幼少期のトラウマなどを照らし合わせ、自身と向き合う時間もなかなか良いですよ。

稀に知らなかった自分と出会えたりするので、是非やってみてください。

 

自分を知る事。は、生きていく上での最高の武器になる。

性癖を知るという事。は、愛する上での最大の魅力になる。

 

さ、以上!解散だ、解散!散れ!