読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

生きようとする事は苦しいが、うれしいね。

鏡に写った腫れた目を見て、思い出す。

 

「私、きのう、苦しみながら生きようとしたんだった」

 

昨日、久しぶりに過呼吸になった。

苦しくて死ぬかと思った。

 

昔、満員電車で急に息ができなくなって、

途中で降りた見知らぬ駅でずっと下を向いてた。

そして自分の靴の先を睨みながら、

明日が来なければいいのに。って何度も願った時、以来だった。

 

私が人混みが嫌いなのは、魂が奪われてしまいそうだから。

スッと何かが抜き取られていくような感覚が嫌いだから。

 

私が必要以上に人と会うのを避けるのは、

無理してしまうから。強い人を演じようとしてしまうから。自分が奪われてしまうから。

 

そして、そんな理由たちが、昨日のような崩壊へと導く。

 

それでも人混みに行かないといけない時もあって

人と会わないといけない時だってある。

だからといって、それを避けて通りたいとも思わない。

できるなら、人混みに、行きたいし、人とも会いたい。って思う。

 

だから私はいつも、自分の存在のヘタクソさを惨めに思う。憎いなって思う。

 

わたしはいつの時でも生きようとする。

過呼吸になっても、必死で息をしようとするから

そう、生きようとするから、苦しくて涙が出る。

 

次の日の腫れた目が私に

「ちゃんと生きたね」と言って私を睨んだ。

 

「絶対、今回は逃げてあげない」

と私は言い返して、いつもより念入りに顔を洗った。

 

 

こうなる時は、向き合っている時だから

必死に立とうとしている時だから

生きる事にメラメラと何かを燃やしている時だから

私は、ちゃんと進んでいる。

 

過呼吸になった時

「また戻ってきてくれてありがとう」と

はじめて自分を責めなかった。

 

私は、すごく前向きなんだ。

このブログをはじめてから

確かに何かが変わってる。

確かに戻ってる。

 

またちゃんと話せるようになったら、聞いてね。