読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

選択した国。

綺麗に言葉を並べる人だと思った。

哀しみを、原色に塗り替える人だと思った。

 

私は、いくつも諦めたのに

その人はすべてを吸収し、身に付けていける人だと思った。

 

苦しいを塗り替えてくれた

寂しいを惑わしてくれた

楽しいを見せてくれた

嬉しいを信じさせてくれた

 

『何も無い』

知っていた。覚えていた。

戸惑っていた、堪えていた。

忘れていたし、塞いでた。

 

まだまだ、こなしていかなきゃならないのに

私は、見てあげるのが怖くなった。

堕ちていく自分を、教えたくなかった。

 

『待っている』

安易だった、とてつもなく透明だった。

美化した。ピカピカに磨いた。

 

覚えていた、いつも

私が泣いたら抱きしめてくれた大きな掌を

信じたくなった

私が泣いても、抱きしめてくれない現実を

拭えなかった。

歩けなかった、笑っていたくなかった。

 

 

綺麗だった

いつも、いつの時だって。

 

忘れなかった。

忘れたくなかった。

私を満たせるのは、君だけだと勘違いしていたかった。

 

まだ覚えていたかった。

まだ失いたくなった。

まだ熱を閉じ込めておきたかった。

 

 

綺麗に言葉を並べられない人だと思った。

頼りすぎていて、許せない人だと思った。

愛がそこに無いのに、偽物で抑えつける人だと思った。

信じたくなかった。確かめたかった。

許したかった。

 

一緒に歩くために必要だと思った。

悲しくても、辛くても、私は嫌いにはなりたくなった。

嫌いに、慣れなかった。