読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

れしをそう。

嘘。そう全部、嘘。Twitter:@nisemonoko

一瞬間に奪われたはなし。

仕草や、言葉がいちいちあざとくて、声も可愛い。

男性と接する時、必要以上に距離が近くて、

女という武器を最大限に使いこなす女性。

見たこともない、名前も知らない女性。

 

先程、現れたその女は、当たり前のように私の好きな人に近付いては、刹那に彼の心を奪っていった。

 

別にコソコソする訳でもなく、堂々と奪っていった。

 いともたやすく、テンプレートのような華麗さで。

 

 

その日は雨だった。

私は、女の生放送を覗く。

すると、聞き慣れている男の声がした。

まさか!?とは思ったけれど、紛れもない。

私の好きな人は、そこにいる。

会話を弾ませ、とても楽しそうに、そこにいた。

 

場所は、たぶんカラオケだろう。

きっと2人の距離も近いのだろう。

 

映像に映らない、2人の状況を妄想し、どんどんと、広げていく。

私の才能、自分自身を痛めつける事にはストイックなところ。

 

女は、甘えた声を出して彼を呼んだ。

 

その瞬間、私のスイッチは入った。

 「こんにちわ」

とコメントを打ち、私が見ているよ。という事を2人にお知らせしてあげた。

 

「だれ?」女は彼に聞く。

彼は「あー。」とだけ言い、暫く黙った後、

「今日初めて遊んでるー」と、よくわからない言い訳をした。

「でも明日も2人でいるんだよねー?」

と、あざとく女が彼に問いかける。

「まあ、俺から誘ったけど、予定は未定だからね」

 

あぁ自分から誘ったんだ…

それからの2人の会話は一切、耳に入ってこなかった。遮断した。

 

男って生き物はなんでこうも単純で軽易で、とんちんかんなんだろうか。

私は怒りと諦めの狭間で、あまり美しくない涙を流してしまった。涙が勿体ない。

 

悔しかった。何も出来ない事が、ただ悔しかった。

こんなにも一瞬間で奪われてしまった事が、悔しくてやりきれなかった。

 

私は自分の太ももを1発殴った。

────

と、そこで目が覚めた。

 

しばらく天井を眺め、さっきのが夢だった。と気付いた瞬間、

私は「なんだ夢かぁー。」と、わざと声に出して言って、勝ち誇った笑みを浮かべたのだった。

 

なぜなら

【好きな人が他人に奪われる夢】

 が、吉夢だという事を私は知っていたからだ。

 

f:id:sarkorinko:20170209104205j:image

 今日はいい日だ。